工場見学


荷受けから精米、貯蔵、出荷まで一貫した生産システムが安定した品質の証です。

福井県米穀株式会社の生産システムは、玄米の荷受け体制から精米、貯蔵、出荷まで最新設備を導入し一貫して行われます。
新米はもちろん、いつでも擦りたての白米をお届けすることに日夜努力しています。

稲穂の写真

中央操作室

このコンピュータで、荷受けから精米・製選・製品払い出しまでを集中管理しています。

中央操作室の写真
胚芽付精米は、特殊精米機を使用しています。
胚芽付精米は、福井県産コシヒカリ玄米を、特殊精米機でじっくりと時間をかけて精米して出来上がります。
胚芽付精米は、できるだけ胚芽の部分を残したお米です。

玄米荷受け処理工程

荷受けホッパーの写真

工程1

・荷受けホッパー

輸送されてきた玄米は、まず荷受けホッパーに入荷・計量されます。毎時12トンの荷受けが可能。

右矢印
石抜機の写真

工程2

・石抜機

空気循環方式で、麻ひも・金属類・もみ殻・石粒などの選別が同時に行われます。

下へ矢印
荷受タンクの写真

工程3

・荷受けタンク(玄米タンク)

銘柄別に分けられた玄米をたくわえます。14基で最高144トン貯蔵することができます。

右矢印 プレコンディショナー・ニューコンパス精米装置の写真

工程4

・ニューコンパス精米装置

独特な構造の精白室により、お米に無理をかけずに均一で高品質なお米を作ります。糠が取り除かれ、光沢のある白米ができます。

下へ矢印

精米調質工程

 
精米仕上げ工程
精米タンクの写真

工程5

精米タンク

銘柄別の精米を、14基のタンクで最高126トン貯蔵。付属するブレンディングシステムで、お米のブレンドも行っています。

右矢印 ロータリーシフターの写真
工程6

ロータリーシフター

白米をさらにふるいにかけて、微量の糠や糠玉・砕米を取り除き、1時間に9トンもの良質なお米を仕上げます。

下へ矢印
色彩選別機、ガラス選別機の写真
工程7

色彩選別機、ガラス選別機

電子の目により茶米・黒米などの着色米・草の種や、透明ガラス・白い石・透明プラスチックをキャッチ。圧縮した空気ではじきとばして除去し、製品タンクへと送ります。

右矢印 製品タンクの写真
工程8

製品タンク

ブランドごとの製品を13基のタンクで最高120トン貯蔵できます。

下へ矢印 下へ矢印 下へ矢印
   
自動出荷工程
無洗米装置 工程9

無洗米装置

最新の無洗米装置で安全・安心・美味しいを実現。お米の表面のぬかだけをきれいに取り去って旨み成分は残します。タピオカとの粒々摩擦で米の表面を磨くので光沢感が増しています。

下へ矢印 パッカーの写真
工程10

パッカー

製品タンクにたくわえられた白米は、パッカーに送られ、米袋にパッキングされます。

  下へ矢印  
パッカーの写真
工程11

金属探知機

金属探知機に通して、チェックします。

右矢印 研究室の写真
工程12

研究室

精選されたお米を入念に分析します。

  下へ矢印  
研究室の写真
工程13

出荷

お客様のもとへ厳選されたお米が出荷されます。